製造工程

①原材料入荷

②ミキシング

③圧延

④切出し

様々な種類の小麦粉やそば粉、副原料を空調管理のされた部屋で保管をしています。

真空ミキサーで粉と水を混合して練ることで、コシのある生地を形成します。

麺粒を圧縮して帯状にし、数段階の圧延にかけ、麺を鍛錬し薄く延ばしていきます。
そば・中華・うどんなど、それぞれの特性に合わせた色々な切刃で太さを変えて切り出します。
製造

⑤茹で

⑥トッピング

⑦金属検出機

⑧出荷

麺種に合わせて茹で時間を変え茹で後は冷たい水で急冷する事で、引き締まった麺に仕上げます。

2列流しを基本に具材を丁寧に盛付けし、包装、表示ラベルを貼付けし、完成となります。


出来上がった商品は、全商品を金属探知機で検査し、安全・安心な商品のみを出荷します。

商品の最終点検を行い、問題

無ければ各センター毎に仕分けのうえ13回出荷します。